洛和会ヘルスケアシステムは「医療」「介護」「健康・保育」「教育・研究」の総合ネットワークです。

創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

洛和会ヘルスケアシステム

  • 標準

News Release

洛和会音羽病院・洛和会音羽リハビリテーション病院
京都コンサートホール 2020年度主催事業 Sing for Peace ~KYOTO2020コーラス・フェスティバル~のスペシャル・サポーターを務めます

発信

関西最大級のコーラス・フェスティバルが京都で開催されます。
Sing for Peace
2020年、開館25周年を迎える京都コンサートホールが、関西最大級となるコーラス・フェスティバルを開催します。「合唱と平和」をテーマとし、世界中がスポーツと平和の祭典で熱気に包まれるオリンピックイヤーに、「合唱」で人々を感動の渦へと巻き込みます。
洛和会ヘルスケアシステムでは、音楽の「癒す力」に着目し、洛和会京都音楽療法研究センターを設けるなど、さまざまな医療や介護の場に音楽療法を取り入れ、効果を上げております。この度、洛和会音羽病院、洛和会音羽リハビリテーション病院は「音楽の力」への共感と感謝を込めて、「Sing for Peace ~KYOTO 2020 コーラス・フェスティバル~」の協賛をさせていただく運びとなりました。
下記の通り記者発表が行われますので、何卒ご来場賜りますようお願い申し上げます。

◆Sing for Peace ~KYOTO 2020 コーラス・フェスティバル~ 記者会見

日 時:2019年9月2日(月)14:00 ~(受付13:30/終了予定15:00)
会 場:京都コンサートホール 大ホール ホワイエ(京都市営地下鉄烏丸線「北山駅」下車徒歩5分)
登壇者:浅井 敬壹(コーラス・フェスティバル音楽監督)ほか
内 容:企画についての説明、世界的合唱指揮者・作曲家ボブ・チルコット(特別ゲスト)によるビデオメッセージ、フォトセッション


◆フェスティバル概要

Sing for Peace ~ KYOTO 2020 コーラス・フェスティバル~

開催日程:2020年5月22日(金)、23日(土)、24日(日)
開催場所:京都コンサートホール 大ホール、アンサンブルホールムラタ、ほか
出  演:[音楽監督]浅井敬壹(指揮)/[特別ゲスト]ボブ・チルコット(指揮・作曲)
京都市交響楽団/広上淳一(指揮)/Sing for Peace Festival Choir ほか

3日間で大ホール(1,833席)7公演、小ホール(510席)3公演ほか、出演団体30団体以上、計1万人の動員を見込んでいます。
最終日には本フェスティバルの音楽監督である浅井敬壹氏の指揮による「平和―自由への叫び」と題したコンサートを開催。フィナーレではフェスティバルに出演したメンバー総勢500人あまりが出演し、1,833人の聴衆と共に、世界に向けて「平和」を歌い上げます。


20190830人々と音楽を結び、世界へ向けて平和のメッセージを発信するこのフェスティバルに、医療・介護を通じて健康でより良い社会作りに取り組んでいる洛和会ヘルスケアシステムとして、その一躍を担わせていただくことに大きな喜びを感じます。

浅井敬壹氏(右)と洛和会ヘルスケアシステム 理事長 矢野一郎
京都コンサートホールにて

印刷は下記のPDFをご利用ください

PDFをダウンロード [256KB]

お問い合わせ

【本事業・記者会見に関するお問い合わせ先】
京都コンサートホール 事業企画課
公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団
担当:高野様・中田様
TEL:075(707)6430

【協賛に関するお問い合わせ先】
洛和会ヘルスケアシステム 企画広報部門 担当:岩井
TEL:075(594)8488 FAX:075(501)4583