透析熱を再利用し、環境に配慮した医療を推進

透析熱を再利用し、環境に配慮した医療を推進

透析熱を再利用し、環境に配慮した医療を推進

洛和会音羽記念病院では、国が普及促進しているESCO事業(省エネルギー改修事業)対象の「透析熱回収ヒートポンプシステム」を2021年から導入しています。

透析治療で排出された透析液の熱を集め、水冷式ヒートポンプとインバーター技術により、少ない電力でより大きな熱エネルギーに増幅させ、再利用するシステムです。

これにより消費電力を削減、省エネルギー化を実現しました。今後も環境に配慮した医療を提供してまいります。

<対象施設>

洛和会音羽記念病院

洛和会ヘルスケアシステムが取り組むSDGsについて詳しくはこちら!

洛和会ヘルスケアシステム SDGs宣言

SDGsのはなしカテゴリの最新記事

季刊らくわ

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌「季刊らくわ」

「季刊らくわ」新年号(2022年新年号)

洛和会SNS公式アカウント

洛和会副理事長のメッセージ

洛和会ヘルスケアシステム 副理事長 矢野裕典からのメッセージ