楽しく役立つ健康講演会

「 介護 」 一覧

気持ちよく快適に過ごす

  • 開催日:2018年9月12日
  • 講師:洛和ヴィラ桃山 副係長 理学療法士
    髙田 仁美(たかだ ひとみ)

はじめに

介護に頼らず自立した老後を続け、健康寿命を延ばすためには、「①調和のとれた食事をする」「②適切な運動をする」「③十分な睡眠をとる」この健康3原則を実践することが大切です。そしてさらに、もう一つ大切なのが、適切な排泄習慣を身に付けることです。尿漏れなどの排泄トラブルを抱えていては、睡眠時間に影響を及ぼし、つい旅行など外出を控えてしまいます。本日は、特別養護老人ホームで入居者の皆さんのリハビリを行っている経験を通し、日常生活を不自由にしてしまう「排泄トラブル」を防止するための知恵や予防についてお話したいと思います。

聞いて納得!

  • 開催日:2018年7月4日
  • 講師:洛和グループホーム山科小山 主席係長 介護福祉士 竹内 一博(たけうち かずひろ)

はじめに

昨日の晩ご飯のおかずは何だったのでしょうか? 

高齢者のお悩み相談

  • 開催日:2018年6月15日
  • 講師:京都市音羽地域包括支援センター 副係長 介護支援専門員 五十棲 美佳(いそずみ みか)

はじめに

「高齢サポート」とは、京都市で地域包括支援センターに付けられた愛称です。高齢サポートの役割とは何なのか、どんな専門職がいて何を相談できるのか、高齢サポートと地域との関係、活用法などを本日は紹介したいと思います。

筋力つけて、すこやか〝年筋〟生活  

  • 開催日:2018年6月8日
  • 講師:丸太町リハビリテーションクリニック リハビリテーション部 健康運動指導士 福田公雄(ふくだ きみお)

こんなときに訪問看護師が伺います!

  • 開催日:2018年5月24日
  • 講師:洛和会訪問看護ステーション東大路 主席係長 看護師 木全 千子(きまた ちこ)

はじめに

2000(平成12)年に介護保険が制定され、訪問看護が介護保険のサービスとして開始され、すでに18年が経過しました。訪問看護は言葉として皆さんに知られてきましたが、いまだに「どういうことをしてもらえるのですか?」という質問を受けることが少なくありません。訪問看護が必要なときは、どんな場合か。私が普段、行っている訪問看護について理解を深めていただき、訪問看護をスムーズに利用していただけるように本日は話を進めたいと思います。

在宅療養者の症状

  • 開催日:2018年5月17日
  • 講師:洛和会音羽リハビリテーション病院 在宅医療支援センター センター長 医師 谷口 洋貴(たにぐち ひろたか)

楽しく脳活!

  • 開催日:2018年3月22日
  • 講師:京都市中京区地域介護予防推進センター 健康運動指導士 木場 裕美子(きば ゆみこ)

はじめに

地域介護予防推進センターは、高齢者がいつまでも元気に過ごせるよう、京都市が市内12カ所で委託運営している機関です。私は中京区の高齢者を対象に、体操指導などを担当しています。本日は、頭と体を使った体操をご紹介します。

認知症ケア ~知ることから始めてみませんか?~

  • 開催日:2018年2月14日
  • 講師:洛和グループホーム大津 主席係長 介護支援専門員 岩井 仁志(いわい ひとし)

はじめに

介護福祉士として、認知症のお年寄りが暮らすグループホームで働いています。本日は、認知症のケアについて基礎からお話しします。

困ったときに困らないために ~高齢者向け施設の選び方~

  • 開催日:2018年1月25日
  • 講師:洛和会入居相談センター 課長 社会福祉士 明石 理之(あかし まさゆき)

はじめに

医療ソーシャルワーカーとして11年間、病院で患者さまの退院援助や施設入所などのお手伝いをしてきました。本日は、その経験も交えながら、昨今の医療・介護情報や、「困ったとき」とはどんなときか、困らないための秘策は…などについてお話しします。

認知症とは? ~グループホームの役割~

  • 開催日:2017年11月9日
  • 講師:洛和グループホーム西院 主席係長 介護支援専門員 山口 由香(やまぐち ゆか)

はじめに

本日は、認知症とは何かについて説明します。また、自分や身近な人が認知症になった場合の対応について、グループホームを中心にお話しします。