体験型交通安全教室を実施

体験型交通安全教室を実施

体験型交通安全教室を実施

4月10日、丸太町リハビリテーションクリニック(京都市中京区)駐車場にて自動車シュミレーターを活用した体験型交通安全教室を開催しました。今回は、京都府中京警察署と洛和会丸太町病院、中京地域交通安全活動推進委員協議会が連携し、高齢者の方を対象に、交通事故防止に対する意識向上を目的として開催されました。

4月6日~4月15日までの10日間、春の交通安全運動が実施されました。

地域の方々や、丸太町リハビリテーションクリニックに通院している方などが参加され、自動車シュミレーターを活用して、雨や雪、他の車の急発進など、さまざまな状況を予測して運転する体験が行われました。

参加者は「年齢を重ねることで、どうしても注意力が欠けてしまう。シュミレーターを体験して、改めて常に気をつけて運転したいと感じた」と述べました。
洛和会丸太町病院 次長 二谷 功佑は「今後も、中京警察署と連携し交通事故を減少できるように、尽力していきたい」と語りました。

今後も当会は、地域の安全啓発活動にも積極的に取り組んでまいります。

Newsカテゴリの最新記事

会報誌らくわ

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌「季刊らくわ」

「会報誌らくわ」2024年4月号(2024年4月1日発行)

洛和会ヘルスケアシステムのSDGs

洛和会ヘルスケアシステムのSDGs

洛和会理事長のメッセージ

洛和会ヘルスケアシステム 理事長 矢野裕典からのメッセージ

洛和会SNS公式アカウント