コロナ禍でもできることを “洛和式”幼老統合ケア

コロナ禍でもできることを  “洛和式”幼老統合ケア

洛和会ヘルスケアシステムには、介護施設と保育施設を併設した幼老統合型複合施設が4カ所あります。子どもと高齢者双方の福祉向上を目的に、「高齢者ケア」と「次世代育成」を融合・連携した「洛和式幼老統合ケア」を展開しています。

今回お話を伺ったのはこちらの方!


洛和桂小規模保育園
桑田 茉有(くわた まゆ)

専門医認定・資格など

保育士

ひとこと

今回は、2歳までのお子さんをお預かりしている洛和桂小規模保育園と認知症のある方が共同生活を送る洛和グループホーム桂の取り組みをご紹介します。

 

幼老統合ケアとは

保育園や児童館(園)など子どもが利用する施設と、グループホームやデイサービスなどの介護施設を併設し、子どもと高齢者が行事やレクリエーションなどを通して交流を持つことで、双方に相乗効果をもたらすケアです。

コロナ禍でできる交流を

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大し、これまで行っていた散歩に出掛けたり、菜園の野菜を収穫したりするなど、対面での交流ができなくなりました。日々交流を続ける中で、お互いを名前で呼び合う姿が見られるほど深まっていた関係をここで途切れさせてはいけないと思い、非接触での交流方法を検討しました。

日めくりカレンダーをプレゼント

認知症のあるグループホームの入居者さんに子どもたちの存在を覚えていてもらえるよう、園児たちが作った日めくりカレンダーをプレゼント。


フラワーアレンジメントで交流

子どもたちがお花屋さんで選んだ花を、グループホームの入居者さんに生けてもらい、保育園とグループホームそれぞれに飾りました。協力して一つのものを作り上げることでお互いを身近に感じてもらえます。


離れていてもお互いの存在を感じられるように

コロナ禍だからと交流を諦めるのではなく、会えなくてもお互いの存在を感じられるよう幼老統合ケアを継続し、生き生きとした生活を送ってもらえることが私たちの願いです。保育施設と介護施設を運営する洛和会ヘルスケアシステムだから実現する幼老統合ケア。これからも、私たち保育士が子どもと高齢者の方の橋渡しとなれるようにしていきたいと思います。

洛和桂小規模保育園
〒615-8125
京都市西京区川島調子町35-1
TEL 075(383)8162

洛和グループホーム桂
〒615-8125
京都市西京区川島調子町35-1
TEL:075(382)3121 FAX:075(382)3128

関連ページ

洛和式幼老統合ケア

 

保育のはなしカテゴリの最新記事

会報誌らくわ

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌「季刊らくわ」

「会報誌らくわ」12月号(2022年12月1日発行)

洛和会SNS公式アカウント

洛和会理事長のメッセージ

洛和会ヘルスケアシステム 理事長 矢野裕典からのメッセージ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ