山科初! 洛和会音羽病院に医療ロボットda Vinci(ダヴィンチ)Xiを導入

山科初! 洛和会音羽病院に医療ロボットda Vinci(ダヴィンチ)Xiを導入

医療ロボットda Vinci(ダヴィンチ)Xiダヴィンチは人間にはできない動きによって手術をサポートする医療用ロボットです。医師はモニターに映し出される3D画像を見ながら手元にあるインストゥルメント(鉗子)を操作してアームを動かし、縫ったり、切ったり、挟んだりといった動きが可能です。
当院では最新機種である「da Vinci Xiサージカルシステム」を導入し、前立腺がんや膀胱がんに対して、より正確で安全な手術を行います。切開部分が小さいため、術後の早い回復や患者さんの負担軽減が期待されます。

ダヴィンチの特長

ダヴィンチは大きく分けて、4本のアーム(うち1 本にカメラ<内視鏡>を装着)、本体(ペイシェントカート)、操作用ピット(サージョンコンソール)に分かれています。

Point① 鮮明な画像

モニターには高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像が映し出されます。

Point②精密な動きを再現

ダヴィンチのインストゥルメント(鉗子)は人間の手よりも大きな可動域と手ぶれ補正機能を備えており、医師の手の動きを忠実に反映します。ダヴィンチのインストゥルメント(鉗子)

「開放手術」「腹腔鏡手術」「ダヴィンチ」による手術の違い

・開 放 手 術…大きく皮膚を切開し、臓器を外部に露出させて行います。
・腹腔鏡手術…皮膚を小さく切って小穴を開けて、内視鏡や手術用の道具をおなかの中に
入れて行います。
・ダヴィンチによるロボット支援手術…。
区分 開放手術 腹腔鏡手術 ダヴィンチ
手術時間 短い 長い 腹腔鏡手術より短い
手術中の出血量 多い 少ない かなり少ない
手術後の傷、
痛み
傷口が大きく、
痛みがある
傷が小さい 傷が小さく、痛みが少なく、
合併症が少ない
社会復帰 遅い 早い 早い

泌尿器科で手術用支援ロボットによる手術を開始いたします

洛和会音羽病院 泌尿器科 部長 赤尾 利弥(あかお としや)

当科は泌尿器腹腔鏡センターとして、泌尿器科疾患全般にわたり、体への負担が少なく、術後の生活を考えた手術を行ってまいりました。今回新たに「手術用支援ロボット da Vinci Xi」を山科地区で初めて導入することとなりました。da Vinci Xiはこれまでの腹腔鏡下手術と比べ、より精度の高い手術の実施が可能となります。当科の医師を中心に手術室の多職種スタッフとda Vinciチームを設立し、地域の皆さんにより質の高い安全な医療の提供に努めてまいりますので、よろしくお願いします。

洛和会音羽病院 泌尿器科 手術チーム

洛和会音羽病院 泌尿器科 手術チーム

上段右:洛和会音羽病院 泌尿器科 部長 赤尾 利弥

自宅で手術が受けられる時代が来る!?
近年、ダヴィンチなどの手術支援ロボットを使ったオンライン手術が注目されています。本体と操作用ピットを切り離すことで、将来的にはご自宅や遠隔地におられる患者さんを手術できるのではないかと期待されています。2001年には、この技術を使ってアメリカにいる外科医がフランスにいる患者を治療した「リンドバーグ手術」が脚光を浴びました。日本でも遠隔手術の導入に向けた実証実験が行われています。

お問い合わせ

洛和会音羽病院 泌尿器科・泌尿器腹腔鏡センター

医療のはなしカテゴリの最新記事

季刊らくわ

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌「季刊らくわ」

「季刊らくわ」夏号(2021年7月1日発行)

洛和会SNS公式アカウント

洛和会副理事長のメッセージ

洛和会ヘルスケアシステム 副理事長 矢野裕典からのメッセージ