病理診断…それは真実への扉

病理診断…それは真実への扉

洛和会音羽病院 病理診断科では、臨床検査部と連携のもと、年間約5,500件の組織診断と約4,400件の細胞診断を行っています。
丁寧な診断を行うだけでなく、日々進化する医療技術に合わせ、新しい手法を積極的に取り入れ、目の前の検体に真摯に向き合っています。

治療法選択に直結する遺伝子検査

尿路上皮がん症例のFISH画像
乳がんリンパ節転移の術中蛍光顕微鏡画像

がんの治療法は近年目覚ましく変化しており、病理検体を用いた遺伝子検査の需要が高まっています。当院では、FISH検査※を院内で行うことで患者さんへより早く治療を受けていただける体制を整えました。現在では、乳がん、悪性リンパ腫、悪性中皮腫、尿路上皮がんなどのFISH検査を院内で行うことができます。

※FISH検査:ゲノムマッピング技術の一種

 

洛和会音羽病院 脳神経外科センター
所長 山本 一夫(やまもと かずお)

イチ押しポイント

遺伝子検査には臨床医と病理との連携が不可欠。当院では密な連携が実現できています。

 

先端の術中迅速診断

標本作製風景

手術中に組織または細胞診標本を作製し、ごく短時間でがんの有無を執刀医へ報告します。最近では、状況に応じて迅速免疫染色を追加し、より詳細な情報を提供する取り組みも始めています。

検体に責任を持ち、AI時代にも…

一般的に、各診療科医に任せることも多い手術材料の固定作業を、当院では病理スタッフが行っています。これにより標本精度が安定し、高い診断精度につながります。また、仕上がった標本をデジタル化することで来るべきAI時代への対応を目指します。

100年以上も引き継がれてきた伝統で真実に迫る特殊染色

ループス腎炎のPAM染色※

病理組織をさまざまな色に染め出す特殊染色。診断の決め手ともなりうる極めて重要な手法です。自動化が進む現代でも基本に忠実に、病理検査専属の臨床検査技師が1枚1枚手染色で行っています。

※PAM染色 腎疾患の診断には欠かせない染色の一つ。


洛和会音羽病院 腎臓内科
医長 笠原 優人(かさはら ゆうと)

イチ押しポイント

いつも本当に標本が美しく正確な診断につながっていると思います。

 


洛和会音羽病院 呼吸器外科
医員 堀本 かんな(ほりもと かんな)

イチ押しポイント

手術中の短時間で検査結果を確認でき、適切な手術を選択できます。

 

院長からのコメント


洛和会音羽病院
院長 神谷 亨(かみや とおる)

コメント

がん診療において、病理診断は重要な診断です。当院では病理診断科と専任の臨床検査技師が検査にあたり、質の高い診断を支えています。

 

令和4年4月より常勤医2名の新体制となりました

今後もより一層診断精度の向上に努めてまいります。

洛和会音羽病院 病理診断科
部長 安井 寛(やすい ひろし)

 

 

洛和会音羽病院 病理診断科
医員 嶋田 恵里(しまだ えり)

 

 

お問い合わせ

洛和会音羽病院 病理診断科
洛和会音羽病院 病理検査室
075(593)4111(代)

関連ページ

第147回らくわ健康教室「病理医の目 Part2 ~木を見て、森も見て~」

関連動画

医療のはなしカテゴリの最新記事

会報誌らくわ

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌「季刊らくわ」

「会報誌らくわ」8月号(2022年8月1日発行)

洛和会SNS公式アカウント

洛和会理事長のメッセージ

洛和会ヘルスケアシステム 理事長 矢野裕典からのメッセージ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ