新人職員が安心して働ける アシスト制度

新人職員が安心して働ける アシスト制度

新人職員が安心して働ける
アシスト制度


洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部では、中途採用者が不安なく働けるように、半年間先輩職員がマンツーマンでサポートしてくれる「アシスト制度」を独自に設けています。

アシスト制度とは

無資格・未経験で入職した職員が、不安なく仕事ができるように、先輩職員が6カ月間マンツーマンで指導する介護事業部独自の制度。先輩職員はアシスターと呼ばれ、新人職員に対して実務的な指導から、精神面までサポートする心強い存在となります。また、アシスターだけでなく、事業所全体で新人職員を支え、育てる仕組みです。

洛和ヴィラ桃山
【先輩(アシスター)】坪木 奈緒美(つぼき なおみ)【後輩】小林 智絵(こばやし ちえ)

アシスターの存在が支えに

大学で社会福祉を学び、介護の道を目指しましたがいろいろあって一般企業で15年働いていました。しかし、心のどこかでずっと介護の仕事をしたいという思いを持っていたので、思い切って介護業界に飛び込みました。入職前に洛和会介護教育センターで介護職員初任者研修を受講し、資格を取得しました。実務経験がない状態での業務に不安がありましたが、同センターの就職支援を受けた際に、「アシスト制度」を知り、ここなら安心して長く働けるのではと思い入職しました。

洛和ヴィラ桃山 小林 智絵(こばやし ちえ)
小林 智絵

苦手な業務があっても大丈夫!

入浴介助や排せつ介助など自分が苦手な業務がある時は、その業務がその日の仕事内容にない時でも、私以外の職員の業務調整をして、チャレンジできる環境を作ってくださいます。苦手な事があっても、「自分のペースで成長できたらいいよ」と声を掛けてくださり、心が軽くなりました。また、他の職員が私に対して気になる事がある場合も、アシスターが皆さんの声を集約し内容を整理した上で私に話してくれるので、混乱することなく受け入れることができています。

毎月目標を立てて評価
「月次目標評価表」を用いて、アシスターとともにその月の目標を設定します。月末には、何ができて、何ができていないかを評価し、次月の目標を立てていきます。自身のレベルを知ることができ、また、次にしなければならない事も明確になるのでモチベーションアップにつながります。

月次目標評価表

 

洛和ヴィラ桃山 坪木 奈緒美(つぼき なおみ)
【アシスター】坪木 奈緒美

なんでも話せる存在でいられるように

まずは、話しかけやすい雰囲気づくりを意識し、どんな些細なことでも気軽に聞けるようコミュニケーションを密に取るようにしています。小林さんは心配性な一面がありますので、その不安を解消できるような声掛けをし、苦手とされている事は本人が納得のいくまで何度も取り組んでもらっています。介助は人それぞれにやりやすい方法があると思うので、いろいろな人のやり方を見て「自分の介護」を見つけてもらいたいです。

 


自身の成長にも
後輩の指導するということで、「根拠のあるケアをしないといけない」と改めて思い、初心に返ることができました。自身の行ってきた介護というものを改めて考える機会になり、私も成長できたのではないかと思います。日々小林さんの成長を見ていて、できることが増えていくとうれしく感じますし、それがやりがいにもつながっています。当施設には、たくさんの入居者さんがおられるので、覚えることも多く大変ですが、これからも長く一緒に働けることを願っています!

関連コンテンツ

洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部 採用情報

介護のはなしカテゴリの最新記事

会報誌らくわ

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌「季刊らくわ」

「会報誌らくわ」2024年1月号(2024年1月10日発行)

洛和会ヘルスケアシステムのSDGs

洛和会ヘルスケアシステムのSDGs

洛和会理事長のメッセージ

洛和会ヘルスケアシステム 理事長 矢野裕典からのメッセージ

洛和会SNS公式アカウント