フリースペース“絆”at おおつか 再開!

フリースペース“絆”at おおつか 再開!

フリースペース“絆”at おおつか 再開!


12月26日(日)、洛和会音羽リハビリテーション病院で、「フリースペース“絆”at おおつか」の取り組み(イベント)を再開しました。
フリースペースは、“誰もが気軽に集える場所”をコンセプトに、社会で孤立しないよう多世代の方々が気軽に集まれる場所として、京都市山科学区内各所に開設されています。

新型コロナウイルス感染症の影響で、1年以上の間、「“絆”at おおつか」の取り組みは中止となっていましたが、医療機関(洛和会ヘルスケアシステム)が感染対策を十分行い、山科区地域福祉推進委員会と検討を重ね、できることから始めてみようと、地域の皆さんに感謝を込めて「音で癒され、運動でととのう」と題したイベントを実施しました。



参加者に、体脂肪や筋肉量を測定するInBodyによる身体測定と測定内容の説明をし、体の状況を知っていただきました。


健康運動指導士による自宅でもできる健康体操で、手・肩・腰をほぐしていただきました。特に、片手をチョキ、片手をキツネの形にしリズムに合わせて交互に入れ替えていく運動では、参加者全員四苦八苦…。


洛和会京都音楽療法センターのミニコンサートも開催。アルゼンチンタンゴやジャズ、クリスマスソングに加え、参加者から演歌のリクエストもあり、声は出せなくても手拍子で大盛況となりました。

参加された方の笑顔を拝見し、コロナ禍においても職員一人一人がアイデアを出し合い、これからもできることを取り組んでいこうと強く感じました。


<次回開催について>
今後は2カ月に1度の開催を予定しており、次回は2022(令和4)年2月27日(日)に「クイズで歴史をたどろう―自分と日本の出来事―」を実施いたします。

<関連ページ>
フリースペース“絆”at おおつか
洛和会音羽リハビリテーション病院

Newsカテゴリの最新記事

会報誌らくわ

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌「季刊らくわ」

「会報誌らくわ」4月号(2022年4月1日発行)

洛和会SNS公式アカウント

洛和会理事長のメッセージ

洛和会ヘルスケアシステム 理事長 矢野裕典からのメッセージ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ