当会の職員が途上国へランニングシューズを寄付しました

当会の職員が途上国へランニングシューズを寄付しました

当会の職員が途上国へランニングシューズを寄付しました

洛和メディカルスポーツ京都丸太町のランニングアドバイザー 中川 剛(なかがわ ごう)が自身の使用したランニングシューズ約20足を途上国へ寄付しました。

 

寄付に至った思いや経緯は洛和メディカルスポーツ京都丸太町のスタッフブログに掲載しています。

ランニング情報(シューズの寄付)

 


箱根駅伝やニューイヤー駅伝にも出場経験がある当会屈指のランナー。華々しい経歴は「アスリートvoice」をぜひご覧ください!

無名選手から箱根駅伝のエースへ|中川 剛|洛和メディカルスポーツ京都丸太町

 

コロナ禍で感染症について考える機会が増え、途上国の悪環境のなか、足裏の怪我を予防してほしいという思いが寄付をするきっかけのひとつで、さかのぼると学生時代のある出来事も影響しているとのこと。「学生時代にケニアからの留学生が帰省するときに、自国でシューズを持っていない人に履いてもらいたいといらなくなったシューズを持ち帰っていました。そのことを思い出して、インターネットで途上国へ物資を寄付できる団体を見つけ、今回はカンボジアに20足ほど寄付をすることができました」

また、今回寄付したシューズは実際に競技で使用していたものもあり、驚くほど軽かったです。

「私の努力が詰まった靴たちが、海を越えていろんな人たちの下で新たな人生を歩むのはとても不思議な感覚です。この靴に出会ったことがきっかけで、陸上に興味を持ってくれる方がいたらうれしいですね」

と笑顔で話してくれました。今後もこの活動を続けていくそうです。

 

 

洛和メディカルスポーツ京都丸太町では、ランニングパーソナルというプログラムを実施しています。
今回登場したランニングアドバイザーの中川が目標設定やフォームチェックなど、マンツーマンで指導します!体験コースもありますので、お気軽にご相談ください!詳しくはこちら↓↓↓
箱根駅伝、マラソン出場経験のあるトレーナーが完全個別指導!ランニングパーソナル

洛和メディカルスポーツ京都丸太町
〒604-8405 京都市中京区西ノ京車坂町12
TEL:075(802)9030
月~土曜日:午前8時30分~午後5時
※日曜日・祝日・年末年始(12月30日~1月3日)を除く

Newsカテゴリの最新記事

会報誌らくわ

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌「季刊らくわ」

「会報誌らくわ」12月号(2022年12月1日発行)

洛和会SNS公式アカウント

洛和会理事長のメッセージ

洛和会ヘルスケアシステム 理事長 矢野裕典からのメッセージ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ