龍谷大学 政策学部「企業のCSR実践演習」に洛和会音羽病院が参画

龍谷大学 政策学部「企業のCSR実践演習」に洛和会音羽病院が参画

龍谷大学 政策学部「企業のCSR実践演習」に洛和会音羽病院が参画

龍谷大学 政策学部 では、企業のCSR活動(社会的な責任を果たす活動)の実態を学び、企業訪問を経て新たな活動を提案する「企業のCSR実践演習(担当: 中森孝文教授)」を実施しています。洛和会ヘルスケアシステムはその講義に参画している京都CSRネットワークのメンバーであり、本年は洛和会音羽病院リハビリテーション部が参加しました。

講義

6月15日、龍谷大学にて洛和会音羽病院 リハビリテーション部 課長 篠田昭(作業療法士)がホテルオークラ京都様と連携し、取り組んでいる「櫛・ブラシのリユース」について事例紹介を行い、受講生によるインタビューを受けました。

企業訪問

6月29日、4人の学生が来院し、病院見学および作業療法士の業務について説明を受けながら見学と体験をしました。学生の皆さんは、初めて見るリハビリの自助具などに興味津々。積極的に質問をするなど、作業療法士の仕事と改めてCSRの取り組みについて学んでいただきました。

成果発表

7月27日、それぞれのチームから、インタビューをした各企業に新しいCSR活動の提案が発表されました。
洛和会音羽病院へは以下の2つをご提案いただきました。
●道具作成アイデアコンテスト
●道具図鑑の作成

企業訪問の際にしっかりとした学びがあったと分かる提案内容で、その後も検討を重ねられたこともよく伝わってきました。ありがとうございました。

この演習を通じ、洛和会音羽病院の職員も新たな気付きや働きがいの再認識につながりました。

今後も次代を担う人材育成に寄与できるよう積極的に取り組んでまいります。

「企業のCSR実践演習」参加者の声

洛和ホームライフ御所北 山口奈々帆
(2022年3月 龍谷大学 政策学部卒業 同年4月 洛和会ヘルスケアシステム入職)

大学3回生のときに参加したCSR実践演習の講義が、当会を知り、入職に至るきっかけとなりました。この授業のおもしろさは、専門性(企業)と非専門性(学生)の掛け合わせで、思いもよらない新しいことが生まれるところです。
成果発表では高齢者と学生の「オンラインサロン」を提案しました。実際の企業の方に話を聞いて、自分たちのアイデアを提案し、それが実践される…本当に貴重な経験で、就職活動でも役立ったことを覚えています。今振り返っても、本当に実のある時間だったと思います。

関連ページ

当会の産学連携、CSRの活動はこちらからご覧いただけます。
洛和会ヘルスケアシステムの産学連携

これまでの企業のCSR実践演習の取り組み
高齢者と学生がオンラインで交流

ホテルオークラ京都様との取り組みはこちら
「もったいない」から生まれた 生きがい・働きがい 【ホテルオークラ京都×洛和会音羽病院】

Newsカテゴリの最新記事

会報誌らくわ

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌「季刊らくわ」

「会報誌らくわ」新年特別号(2023年1月10日発行)

洛和会SNS公式アカウント

洛和会理事長のメッセージ

洛和会ヘルスケアシステム 理事長 矢野裕典からのメッセージ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ