「らくわプラスアワード 2021」発表!

「らくわプラスアワード 2021」発表!


洛和会ヘルスケアシステムのWebマガジン らくわプラスは医療・介護・保育をはじめ、当会での出来事や地域の魅力などをお伝えしています。

 

おかげさまで2021年度は計109本の記事を掲載し、延38,004人の方に閲覧いただきました。

 

そこで、今回は「らくわプラスアワード 2021」と称し、2021年4月1日〜2022年3月31日の期間で閲覧数の多かった記事TOP5を発表!
昨年度、最も注目された記事はなんでしょう!?第1位は受賞者コメントもいただいております!

 

【第5位】 一人一人に寄り添えるトレーナーになりたい|西山 伸吾|丸太町リハビリテーションクリニック

第5位は当会の職員がスポーツ分野において現役で活躍している様子や、スポーツを通じて現在の業務に生かしていることを発信する企画「アスリート voice」から、丸太町リハビリテーションクリニックの西山トレーナーを取材した記事がランクイン!

トレーナーを目指したきっかけや、利用者さんから聞いた印象など、西山トレーナーの人柄がにじみ出ています。(2021.02.14掲載)

合わせてチェック!

 

【第4位】 ドゥイブス・サーチで痛くない乳がん検診

ドゥイブス・サーチ

第4位は「医療のはなし」から、2021年9月に洛和会京都検診センターに導入された無痛MRIドゥイブス・サーチに関する記事がランクイン。

装置に関する情報だけではなく、乳がんの解説も織り込んだ、読み応えのある記事です。(2021.12.01掲載)

合わせてチェック!

 

【第3位】 新たな診療支援 〜こころと発達の子ども相談外来〜

こころと発達の子ども相談外来

第3位は「保育のはなし」から、洛和会音羽病院 小児科の「こころと発達の子ども相談外来」に関する記事がランクイン。

作業療法士や言語聴覚士によるリハビリテーションや公認心理士の心理カウンセリング、看護師による家族支援外来など、あらゆる角度から利用者さんをサポートする様子を動画を交えてご紹介しています。(2021.05.01掲載)

合わせてチェック!

 

【第2位】 RAKUフォトコンテスト2022春 開催中!

第2位は「News」から、なんと「RAKUフォトコンテスト」の募集記事がランクイン!対象期間ギリギリの掲載にも関わらず、ゴボウ抜きの堂々2位です。犬猫強し。

当会の公式インスタグラムアカウントでの企画で2022年5月31日までまだまだ募集しております!もちろんフォローは24時間365日受け付けております!らくわプラスはインスタグラムをはじめSNSや広報媒体との連動をより深めて、今後ますます盛り上げようと目論んでおりますのでよろしくお願いします!(2021.03.25掲載)

合わせてチェック!

 

【第1位】 洛和会音羽病院 院長 神谷亨 「セブンルール」

洛和会ヘルスケアシステムのWebマガジン らくわプラス。

2021年度最も閲覧された記事は「医療のはなし」から、2021年10月に洛和会音羽病院の院長に就任した感染症科 部長 神谷亨 医師の人生の教訓やプライベートに迫ったこちらの記事でした!

コロナ禍での就任、急性期を中心に高度な医療を提供し続ける洛和会音羽病院を取り仕切る院長 神谷享。当会理事長 矢野裕典との対談動画も是非ご覧ください。(2022.01.11掲載)

洛和会音羽病院 院長 神谷享のコメント
2021年度のらくわプラスにおいて、私に関する記事が閲覧数第1位であったと伺い、びっくりしたと同時にとてもうれしく思いました。
あれから手料理のレパートリーも増えています。先日はメンチカツに挑戦しましたが、作るのがこんなにも大変なんだということを初めて知りました。
次にメンチカツを作るのは当分先になりそうです。

合わせてチェック!

 

いかがでしたでしょうか。
印象に残っていた記事はありましたか??今年度も「らくわプラス」をよろしくお願いいたします!

Newsカテゴリの最新記事

会報誌らくわ

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌

地域の医療機関と洛和会ヘルスケアシステムをつなぐ会報誌「季刊らくわ」

「会報誌らくわ」12月号(2022年12月1日発行)

洛和会SNS公式アカウント

洛和会理事長のメッセージ

洛和会ヘルスケアシステム 理事長 矢野裕典からのメッセージ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ

救命救急センター・京都ER 10周年特設ページ