研修指導医日記

一年目研修医先生、ERガンバレ!

みなさん、こんにちは/こんばんは。総合内科のTです。

前回は、実習の学生さんについて書きました。今回は、研修医の先生に焦点をあてて書きたいと思います。

一年目の研修医の先生もだいぶ仕事に慣れてきたように思います。ぼくも一年目の頃はよく覚えています。覚えることがたくさんありすぎて、毎日消化不良であったように思います。ただ、若かったためか、やっと医者になれたうれしさのためか、全く苦ではありませんでした。

国家試験や大学で習った内容と微妙に違う実臨床の疾患→知識がそのまま使えない、薬の一般名を覚えていても「薬品名」を知らないといけない状況、採血・サイン確保手技、患者さんとのコミュニケーションの取り方、看護師さん(当時は看護婦さん)や医療スタッフとのコミュニケーション・・・いろいろ、またこれらが束になって毎日襲ってきていました。

一年目の先生もおそらく同様の”襲撃”を毎日受けていると思います。

オリエンテーション中や直後の彼らの雰囲気も変わってきました。いわゆる”学生気分”が抜けて、”臨床医モード”になってきた感じがします。これは私の主観ですが。

研修の同期はとても大切で苦楽を共にする仲間であったり、またある時は良きライバルであったりします。今年の一年目さんたちは、9名全員男性医師のためか(今年は10名の募集ではありませんでした)、毎年みんな仲良しではあるのですが、今年は一層仲が良さそうに見えます。

鉄は熱いうちに打て ---

年寄の昔話ですが、昔は朝から深夜まで、土日も病棟にいたものですが、またそれが美徳とされていた感じもしますが、今は働き方改革の旗印の下、勤務時間内で仕事を終わらさないといけません。それはとてもいいことだと思っています。しかし、仕事とプライベートをうまく両立しないといけない、ということになるのではないでしょうか・・・私が今の研修医なら、うまくできそうにありません。

時代とともに様々変化するものがありますが、鉄は熱いうちに打たないといけないことは変わらないと思います。

ガンバレ!一年目研修医!

実習の学生さん

 

皆さん、こんにちは/こんばんは。総合内科のTです。

昨年1月からの新型コロナウイルス感染症は、未だ世界中の至るところで様々な影響を与えています。

医学教育もそうです。

一昨年まではいくつかの大学の5・6年生が1~2週間、当科に実習に来られていました。昨年もその予定であったのですが、コロナのために実習中止となることがほとんどでした。

せっかく実習ができるようになっても、当院でのコロナ発生により実習を中断せざるを得ないこともありました・・・月曜に1日実習に来られて、その日の夜に当院の内科病棟での発生がわかり急遽翌日から中止となってしまったのです。

今年の新6年生(昨年度は5年生)はかわいそうです・・・ですので、実習に来られたら、重々、重々安全・感染防止には留意してできる限り外来、病棟の両方で実習してもらっています。できるだけ患者さんに関われるよう、せめて”におい”だけでもかげるように(!?)しています。

やはり患者さんに関わってなんぼ、と思っております。

新型コロナウイルス感染症がどうなっていくのか、まだ見当がつきません。ワクチン接種によりどうなるのか・・・今Tができることは、無事学生さんが実習に来られることを祈ること、そして来られたら精一杯指導させていただくこと、だけです。

実習の学生さんだけではありません。たった1日、見学に来られた学生さんにも機会あらば、とできるだけ臨床に関われるように工夫しています。

学生さんはぜひ、当院に見学にきてください。

VZV(水痘帯状疱疹ウイルス)って・・・

皆々さん。総合内科のTです。こんにちは/こんばんは。

”帯状疱疹” という疾患はご存知と思います。どういうものかといいますと、(釈迦に説法ですが、敢えて書きますと…)幼少期にVZV(水痘帯状疱疹ウイルス)に感染し水痘として発症、その後VZVが神経節に潜み、成人以降の体力・免疫力が落ちたときに帯状疱疹として、典型的には片側に帯状の水疱・丘疹の集簇として現れる…ですよね。皮疹だけでなく、知覚異常ももたらします。感覚過敏・知覚鈍麻・しびれなどの症状が出ます。高齢者ではPHN(ヘルペス後神経痛)を残し、悩まされることがあります。

このVZV、基本的には知覚神経の神経節に潜みますから、脊髄後根の神経節に潜んでいるとされます。そして上記のような知覚の症状を出します。

しかし、VZVは運動神経を侵すこともあるんですね。代表的なものはRamsay-Hunt症候群です。Tolosa-Huntと勘違いしてしまうことがあるかもですので、気を付けてください。Ramsay-Hunt症候群は耳性帯状疱疹と訳されることがあるように、耳介や外耳道、耳介周囲に水疱・丘疹がでます。そして同側の末梢性顔面神経麻痺を起こしますね。

他にも運動神経麻痺を起こすVZVの疾患を知ってますか。

一つは、腹部の帯状疱疹後に、腹筋麻痺さらに麻痺性イレウスを起こすものです。

帯状疱疹とほぼ同時期か数日後に、外腹斜筋等の麻痺をきたし、膨隆します。また、腸管の神経叢に入り込み、腸管麻痺を起こすことがあります。回復に数カ月要することもあります。

最後の例です。まれですが、迷走神経領域の帯状疱疹があります。嚥下困難を起こすことがあります。咽頭に水疱を認めることがあります。また、反回神経麻痺を起こし、嗄声となる例もありました。外耳道に水疱をつくることがあります。外耳道の一部を迷走神経由来のArnold神経が支配しており、水疱を認めることがあります。

さらに。迷走神経は肺にもいってますから、CTで多発の小結節を認める例もあります。(酒見英太:「肺の帯状疱疹」、日本医事新報:No.4894,2018.2.10)←当院医学教育センター長です。

自験例がないので成書の記載の引用ですが、仙骨神経領域だと膀胱直腸障害を起こす例もあるようです。

VZV。奥が深いですね。では、また。

またまた、本当にお久しぶりです

皆々さん。総合内科のTです。お久しぶりです。

昨年度はコロナに振り回され現場での対応も多く、気が付くとブログを書かないまま数カ月があっさり過ぎてしまいました。

本年度、当総合内科は強力な医員をメンバーに加え、さらに強固な体制で進むこととなりました。

それに伴って、定期的なブログ発信ができそうです。

洛和会音羽病院総合内科、初期研修医・後期専攻医たちのことや興味深い疾患について、本年度はどんどん確実に届けられたら…と思っています。

よろしくお願いいたします。

ほんとにご無沙汰です。

皆々さん。総合内科のTです。

前回の投稿が3月でしたから、半年以上ぶりです。

何をしていたかといいますと…普通に診療などをしていました。病気で倒れたわけでも、消えていたわけでもありません。

では、どうして更新がなかったのかと言いますと…3月以降、新型コロナウイルス感染症がひどくなりつつあり、呼吸器科・感染症科の先生方が忙しくなってきておりました。われわれ総合内科医も新型コロナウイルス感染症の患者さんを直接みることはあまりありませんでしたが、「銃後の守り」的な対応を迫られ、忙しくしていた面が大きいと思います。

なので、初期研修医の感動の卒業ネタも書かせていただきたかったのですが気が付くと4月になって、まったく旬を逃してしまい、とても書けなくなってしまいました。

さらに、その4月に当総合内科も新しい戦力を得て本年度は一層、臨床・教育に力を入れていこうとしていたので、それもネタにしたかったのですが、組織づくりやいろいろな実働で、ブログ更新のことも忘却の彼方へ行ってしまい…今となった次第です。

まったくの言い訳です。寝坊した小学生が担任の先生にしているのと同レベルですね…すみません。

この間、珍しい疾患の患者さんが続いたり、顕微鏡的多発血管炎が続いたり。山科はこれらを蔓延させるウイルスでも流行しているのか、なんて冗談を言ったりしていました。また、昨年できなかった学会発表も成し遂げることができました!

さて、われわれ総合内科の陣容はといいますと…

4月から日本呼吸器学会専門医の資格を持つW医師が加わり、急性期・膠原病診療に勢いが出てきています。昨年助っ人で来てくださっている八面六臂のオールラウンダーN医師(おそらく彼はこういう表現は好まないでしょうが)は今年も健在で、当科を陰に日向に支えてくださっています。さらに、10月にはバリバリの外科系専門医のS医師が内科のトレーニングを積むべく当科に合流してくださっています。

近い将来の話として…来年も2人当科に力添えをくださる素晴らしい医師が来られます。

外来診療、病棟診療、後方支援・地域包括ケア(当会の関連病院内科・訪問診療部門との連携も含む)、初期研修医教育、医学生教育、…などなどでさらなる充実が期待できるようになります!

松村総長・二宮院長をはじめ、これまで当院の総合内科を築き上げてきてくださった先輩方のバトンをしっかり握ってこれからもまい進してまいりたいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。