楽しく役立つ健康講演会

医療

脳トレ体操で頭もカラダも若返り!!

投稿日:2017年4月20日 更新日:


はじめに

本日は、認知症とはどんな症状かをお話ししたうえで、認知症予防に役に立つ、脳トレ体操についてご紹介します。

認知症をおさらいしましょう

「認知症」とはさまざまな原因で脳の細胞が死ぬ、または働きが悪くなることによって、記憶力や判断力が低下し、意識障害はないものの社会生活や対人関係に支障が出ている状態(およそ6カ月以上継続)を指します。

認知症? それとも単なる物忘れ?

認知症の症状は生活に支障が出てくるのが特徴です。
たとえば、昨晩食べたものを思い出せないということは誰にでもありますが、認知症の場合は「食べた」という出来事そのものを忘れてしまうのです。

認知症の現状と今後

※以下の画像は全てクリックすると大きいサイズで見ることができます。


認知症の人は増え続けています。2012年には462万人だった認知症の人が、2025年には700万人を超え、高齢者の5人に1人が認知症となるという推計が厚生労働省から出ています。

認知症予備軍MCI(軽度認知障害)とは

健常者と認知症の中間にあたる、MCI(Mild Cognitive Impairment:軽度認知障害)という段階(グレーゾーン)があります。MCIとは、認知機能(記憶、決定、理由づけ、実行など)のうち1つの機能に問題が生じてはいますが、日常生活には支障がない状態のことです。以下がMCIの定義になります。

MCIの5つの定義

  1. 記憶障害の訴えが本人または家族から認められている
  2. 日常生活動作は正常
  3. 全般的認知機能は正常
  4. 年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する
  5. 認知症ではない

MCIになるとどうなるの?


日本神経学会によると、MCIを放置すると、認知機能の低下が続き、5年間で約50%の人が認知症へとステージが進行してしまいます。逆に、MCIとなっても、適切な対応をすれば、認知症への進行を食い止められるだけでなく、健常な状態への回復もある程度まで可能ともいわれています。早期発見が大切です。

認知症になりにくい生活習慣

  1. 食習慣 : 野菜・果物(ビタミンC、E、βカロチン)をよく食べる。魚(DHA、EPA)をよく食べる。赤ワイン(ポリフェノール)を飲む。
  2. 運動習慣:週3日以上の有酸素運動をする。
  3. 対人接触:人とよくお付き合いをしている。
  4. 知的行動習慣:文章を書く・読む、ゲームをする、博物館に行く など。
  5. 睡眠習慣:30分未満の昼寝、起床後2時間以内に太陽の光を浴びる。

脳トレ体操をしてみましょう

普段とちょっと違う、2つの異なった運動を同時に行うことで、脳が活性化されます。

  • 足首の体操:右足のかかとを床に付けてつま先を上げ、左足はつま先をつけてかかとを上げてください。次に右足と左足を逆の形に。それを繰り返します。
  • マリオネット(全身運動):両手を上、中、下への動かすのに合わせて、両足を開、閉します。
  • 手旗信号:右手は上、下へ、左手は上、中、下へと順番に動かします。
  • 太ももたたき:右手は太ももをたたき、左手はさすります。しばらくやったら、右と左を逆にして動かします。
  • 指の体操:指を折って9つ数えますが、右手だけ親指を折った状態から、左手はパーの状態から指を折ります。
  • コグニサイズ:1.右肩 2.左肩 3.右腰 4.左腰 5.おでこ 6.お腹と決めておいて、歩きながら「1、2」「1、3」などと声を掛けながらタッチします。

最初は誰でもうまくできません。できなくてもかまいませんので、続けてやってみることがMCI予防トレーニングになります。頭で指示したことを体で表現できるようにする運動が脳トレになります。

ビジョントレーニングで脳を活性化!

情報収集の約8割は「目」、つまり視覚で行っています。視覚を訓練すれば、頭の回転を速くしたり、コミュニケーション能力を高めることにもつながり、効率的に脳を鍛えることができます。
しかし、視力と視覚は違います。視力とは、物が「見える」ということ。視覚とは、見て理解すること、見たものが何だかわかること、視野の中から必要な情報を識別できること(例えば信号を判断する、など)をいいます。

ビジョントレーニングでは、視覚を鍛えるトレーニングをします。

眼と体の協調性 ~視覚の精度で行動が変わる! ~


眼の機能と体の運動機能は密接な関係があります。眼で捉えた情報を脳が処理し、さらに脳は手や足に指令を出して、目標とする動作(環境に適応する行為)を遂行するよう命じます。脳トレでは、この目⇒脳⇒行動のプロセスをスムーズに行う訓練が必要です。たとえば階段でつまずいてこける、といった行動の背景に、情報処理の遅れで手足まで脳からの指令が行き届かないうちに階段まできてしまった、といったことが考えられます。

どんな運動をしたらいいかわからない…そんなことでお悩みの方は

私たちにおまかせください。


洛和メディカルスポーツ京都丸太町

こんな方におススメです

  • リハビリ終了後も運動を続けたい
  • リハビリ中だけど、もっと運動したい
  • 介護施設での運動に付け加えたい
  • 普通のフィットネスジムはちょっと抵抗がある
  • 体に痛みや不安があるけれど、どのように運動したらいいのかわからない
  • 運動初心者で高齢だけど大丈夫?
  • 元気なシニアと楽しみながら運動したい

洛和メディカルスポーツ京都丸太町は、医療法42条施設です

  • 医療機関が運営している運動施設のため、安心・安全に利用することができます:厚生労働大臣の定める基準(診療所の附置・職員・運営方法)に適し、医師の運動処方のもと、専門スタッフ(健康運動指導士)による適切な運動療法を提供します。
  • 医療×フィットネスが特徴です:クリニック(診療所)が隣接しており、不安なことはすぐに相談・診察できます。必要があればレントゲンやMRIなど専門検査を行った上で指導が受けられます。
  • 手術後も安心して利用できます:リハビリと併用して利用でき、早期回復を見込めます。
  • トレーナーが全員、健康運動指導士です!!
  • 施設のご案内:営業時間は月曜日~土曜日の午前8時30分~午後8時(祝日は休み)。入会金は3,240円、月会費は、一般コース(フルタイム)が8,640円、ナイトコース(午後4時以降)は5,400円、学生コース(午後4時以降)は4,320円です。
  • 入会の流れ:入会の申し込み→問診表の記入(目標設定)→身体測定・体力テスト→医師による診察→運動指導士とメニュー作成→運動・機器説明→利用開始

 

-医療

関連記事

今、求められるリハビリテーション ~回復期リハビリテーション病棟の機能と役割~

開催日:2017年8月25日 講師:洛和会音羽リハビリテーション病院 リハビリテーション部 課長 理学療法士 大西 裕樹(おおにし ひろき) はじめに リハビリテーション(以下、リハビリ)という言葉は …

不整脈って何? ~診断から治療まで~

開催日:2016年7月29日 講師:洛和会音羽病院 心臓内科 副部長 医師 万井 弘基(まんい ひろき) はじめに 不整脈と聞くと、心配される方も多いようです。確かに急な治療を要する不整脈もありますが …

認知症って…? ~健やかに暮らし続けられるために~

開催日:2017年5月25日 講師:洛和会音羽リハビリテーション病院 看護部長室 看護部長 上杉 百合江(うえすぎ ゆりえ) はじめに 認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が損傷を受けたり、働きが悪く …

腹腔鏡手術ってどんな手術? ~大腸がん手術を中心に~

開催日:2017年2月15日 講師 洛和会丸太町病院 外科・消化器センター 副部長 医師 出口 勝也(でぐち かつや) はじめに 腹腔鏡手術は、痛みが少なく、傷が目立たないなど、患者さまにとってメリッ …

ちょっと気になる血管年齢 ~動脈硬化の検査~

開催日:2017年6月29日 講師:洛和会音羽病院 臨床検査部 課長 臨床検査技師 金羽 美恵(かねは みえ) はじめに 動脈硬化とは、さまざまな原因で、”動脈が硬く”なること …