楽しく役立つ健康講演会

医療

何歳でも遅くない! からだ一つでできる、筋肉づくりのススメ

投稿日:2017年3月11日 更新日:


はじめに

高齢になると、よく「運動すると良いと聞くけど、もう年だし、あかんわー」という声を聞きます。そんなことはありません。何歳でも、運動すれば筋肉が付いて、元気になります。本日は、筋肉をつけるための注意点や、運動の方法をお伝えします。

なぜ筋肉が強くなるのか?

※以下の画像は全てクリックすると大きいサイズで見ることができます。

  1. 筋肉は、繊維が重なってできています。伸ばしたり、曲げたりすると、繊維が摩擦されて、筋肉が疲れます。
  2. 疲れた筋肉を修復するときに、体はより太い筋肉を作ろうと頑張ります。筋肉の繊維が太くなります。
  3. 2、3日たって、筋肉の修復が終わるころに、またトレーニングすることで、さらに筋肉が付きます。修復期間は2、3日が目安ですが、筋肉の修復が不十分なときにトレーニングすると、筋肉を傷めることもあるので、要注意です。

何歳でも効果はあるの?

個人差はありますが、何歳になっても、筋肉は鍛えられます。特に下半身は、男女を問わず筋力をつけやすいです。

筋力トレーニングの効果

  1. 基礎代謝が向上し、太りにくくなる:基礎代謝とは、息を吸ったり心臓を動かしたりと、生きているだけで必要なエネルギー量です。筋肉が付くほど基礎代謝が上がり、余分な脂肪が付きにくくなります。
  2. 心肺機能が向上する:血のめぐりが良くなります。
  3. 関節などの痛みがやわらぎます。
  4. 生活習慣病の予防になります。
  5. ストレス解消になります:体に良いホルモンが出ます。
  6. 老化予防になります。

筋力トレーニングの注意点

以下の点に注意して、トレーニングを行いましょう。

筋力トレーニングの実践!

ストレッチで体をケアする

ストレッチの効果には、

  • 疲労回復
  • 関節可動域(関節の動く範囲)の改善
  • 筋緊張の緩和
  • 血流改善
  • 動作能力の向上

があります。

ストレッチのポイントは、以下の通りです。

  • ゆっくり呼吸し、ゆっくりと行いましょう。
  • 余分な力を抜きましょう(息を吐くときに脱力します)
  • 気持ちが良いポイントで行います。
  • どこが伸ばされているかを意識します。

以下、さまざまな体の部分のストレッチを紹介します。

まとめ

指先を動かす・体を動かすといったことを、生活の中に取り入れてみませんか!?
本日ご紹介した以外にも、歩く、炊事をする、掃除をするなど、日々の動作も心掛ければ、運動です。
体を動かすことは、頭の中も働いています。
動くことが日々のリフレッシュにつながることを、願っています。

介護サービス

介護サービス ホームページ

洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部
〒600-8461
京都市下京区仏光寺通油小路東入木賊山町171
TEL:075(353)5802(代)

カテゴリー1-医療
カテゴリー2-

関連記事

健康診断、受けていますか? ~検査の内容と結果の見方~

開催日:2016年9月21日 講師:洛和会東寺南病院 臨床検査部 主席課長 臨床検査技師 佐藤 晴久(さとう はるひさ) はじめに 臨床検査技師とは、医師または歯科医師の指示により身体の構造や機能に関 …

四苦八苦 ~終わりよければすべてよし~

開催日:2017年4月13日 講師:洛和会東寺南病院 外科 名誉院長 医師 齋藤 信雄(さいとう のぶお) はじめに 四苦八苦とは、人間の人生と言えるでしょう。病気であるか否かにかかわらず、日本人は現 …

お口の健康を守りましょう ~大切なポイントは~

開催日:2015年9月30日 講師:洛和会音羽病院 京都口腔健康センター 係長 歯科衛生士 詫間 朋子(たくま ともこ) はじめに 「8020運動」を知っていますか?「80歳で20本の歯を残しましょう …

認知症って…? ~健やかに暮らし続けられるために~

開催日:2017年5月25日 講師:洛和会音羽リハビリテーション病院 看護部長室 看護部長 上杉 百合江(うえすぎ ゆりえ) はじめに 認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が損傷を受けたり、働きが悪く …

本当に怖い 足の血管病のお話

開催日:2017年2月8日 講師:洛和会音羽病院 心臓内科 医長 医師 加藤 拓(かとう たく) はじめに 私が所属する心臓内科で診る病気には、心不全や心筋梗塞、狭心症、不整脈、高血圧などがあります。 …