ケアマネのおそと時間☺

こんにちは、居宅介護支援事業所音羽病院です☺
梅雨空が続き☔モヤモヤ😢してしまいがちですが、
そんな天気も吹き飛ばすくらいのエネルギー(`・ω・´)を持ちながら日々仕事に励んでいます☺

そんな私達ですが、昨年のブログでは【ケアマネのおうち時間】をご紹介しましたが、最近は感染対策を十分に行った上で少しずつ近所に外出する機会もあります。今回は【ケアマネのおそと時間☺】として身近な楽しみをご紹介したいと思います!

★★★男勝りな管理者の男前な一面!★★★
釣りが趣味な管理者☺
このあいだ釣りに行った釣果は・・・鯛やシマアジ、イカやカンパチ。それだけじゃなくエイ、サメなど大漁!大漁!男前!釣った魚はお寿司に・・・他にもお刺身に煮物、焼き物など、おいしく頂きました🐡
写真1
写真2
写真3

★★★神社めぐりが趣味のCケアマネジャーおすすめの神社!★★★
ここ最近、神社めぐりにはまっているCケアマネジャーがオススメ🌟するのが三重県にある金井神社⛩
オススメポイントはとても大きな御守です!(写真の袋はA4ノートサイズなんです!)
いっぱい願いを込めています👏 御朱印も可愛くてオススメです!京都から少し距離はありますが、お近くに行かれた際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
写真4
写真5

★★★運動不足になりがちのAケアマネジャーの今日は歩くぞ!の1日★★★
休みの日はおうち時間を楽しむことが多いですが、運動不足で体重が増えていまい💦、散歩しよう!と気合を入れて、鴨川沿いを散歩しに行きました☺
天気が良く☀川辺には白鳥や鳩や亀が気持ちよさそうに日向ぼっこをしていました。一番可愛かったのは鴨の親子!休みの日の散歩はとても気持ちよかったです!
写真6
写真7

【ケアマネのおそと時間☺】はいかがでしたか?当事業所では休みにした事も職員同士で話して楽しみも共有しています。また事業所に併設されているデイサービスやヘルパー事業所の職員とも積極的にコミュニケーションを取る事で連携を図っています。このブログを通じて、事業所の雰囲気に興味を持っていただき、求人に応募していただいたり、お問い合わせをしていただければこんなに嬉しい事はありませんm(__)m

居宅介護支援事業所『大塚介護保険サービスセンター』

こんにちは

東京都文京区にある居宅介護支援事業所『大塚介護保険サービスセンター』の

ケアマネージャー古田(ふるた)と申します。

大塚介護保険サービスセンターに勤務し、5年目となりました。

新型コロナウイルス感染症が蔓延する中、感染防止対策を徹底し、自転車で急な昇り坂を登りながら訪問しています。

去年の8月に新入職者が入り、10ヶ月が立ちました。このような状況の中、3人で

新型コロナウイルス感染症、自転車での事故防止に努めながら利用者様が少しでも楽しく生活が

出来るよう頑張っています。

当事業所で流行のお店

いつもお世話になりありがとうございます
今回のケアマネブログは居宅介護支援事業所山科が担当させて頂きます。よろしくお願いします

昨年8月には事務所の引越しを行い、洛和会訪問看護ステーション山科洛和ヘルパーステーション山科のスタッフと一緒のフロアで、賑やかに毎日の業務を行っています。
この記事が掲載される頃には少しあたたかくなっている頃でしょうか
コロナ禍でのマスク生活も早3年目に突入しました。一昔前のように桜の下でマスク無しでお花見をしながらお酒を飲める日はいつ来るのでしょうね
「あれもしたい。」「これもしたい。」と、したいことばかりが多くなっていきますが、まずは日々の感染対策を続けて、健康を維持出来るようにしていきたいものです。

今回は当事業所で(事業所でというか担当者の中で?!)流行のお店を1つ紹介させてください
山科区小山一石畑にある「飴匠さわはら」さんです。名前の通り飴屋さんです。

さわはらさんは昔ながらの地釜炊きで飴を作っておられるそうです。詳しいことは分かりませんが、大量生産はできないやり方で、1つ1つの飴に深みが出るそうです

飴なんてどれでも一緒でしょ?!私も前はそう思っていました。
でも、本当に違うんです深みとか正直そういうことは分かりませんが、とにかくおいしいんです。思わず次々食べてしまうおいしさです。ダイエット中にはお勧め出来ないかもしれません。

実際私の息子たちも「飴匠さわはら」さんのサイダー飴の大ファンです
買って帰ると大喜びで2日後にはだいたい全部無くなっています。少し山手の分かり難い所にありますが、お店の前には広い駐車場もあります。もし、山科音羽方面へお越しの際は、ぜひ小山の「飴匠さわはら」さんまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

また、京都方面からさわはらさんへ向かう道中には当事業所もありますので、お気軽に覗いて頂けると幸いです
今後もどうぞよろしくお願い致します。

医療介護サービスセンター西京桂店です

皆さんこんにちは、医療介護サービスセンター西京桂店です

当事業所は、桂川を越えた、京都市の西側に位置しており、小規模多機能保育園、グループホーム、訪問看護ステーションが併設されています。居宅介護支援事業所は、平成28(2016)年8月に開所し、6年目に入りました。現在4人のケアマネジャーが業務をしています

この冬は本当によく雪が降り、開所以来一番の積雪量です。私達の訪問の足であるバイクや自転車も雪化粧となりました。転倒に気をつけての出勤や訪問です


さて、訪問グッズとして、今年に入ってからケアマネカバンを新たに利用し始めました

みんなお揃いのカバン(リュック)なので、取り違えないように、工夫をしています。ケアマネジャーはいろいろ持参物が多くなりパンパンになって重いカバンになってしまうこともよくあります

たくさん入り、軽めのカバンなので、重宝しています

モコモコとたくさん着込み、リュックを背中に、寒さや雨雪と上手にお付き合いしながら本日も業務に励んでいます

 

感染拡大防止のために訪問は極力控えさせていただいておりますが、お電話での相談はいつでもお受けしております。

お気軽にお声をかけてください

居宅介護支援事業所北花山

皆さん、こんにちは。
今回は、居宅介護支援事業所北花山を紹介させていただきます。

事務所は山科区の北西に位置し、国道1号線と大石道との交差点から北へ5分程度の所にあります。事務所は階段を上って2階にあり、1階には「洛和グループホーム北花山」があります。現在、4人のケアマネジャーが在籍し、山科区の西部を中心に、区内一円を担当しています。

先日、新型コロナウイルス感染拡大の下、まん延防止等重点措置が適用され、自宅訪問などが思うようにできない状況に置かれています。一方で、急を要する調整などには、マスク・ゴーグルの着用、訪問前後の手指消毒の徹底、短時間での対応等、予防対策を講じながら業務を行っています。

会議形式は「ZOOM形式」が定着してきました。組織内の会議を始め、担当エリアの地域包括支援センター主催研修会(事例検討会)、区の事業所連絡会など、会場に足を運ばず会議に出席できる環境となりました。便利さや感染対策などで有効な手段であることは理解していますが、人との交流では、物足りなさを感じてしまいます。(慣れもあるかもしれませんが…)
事業者の間では、「がんばってますか」「あの時はありがとうございました」「お世話になりました」など、直接声を掛け合いたいものです。

同じく、自宅訪問やサービス担当者会議の開催を控える方向性が示され、利用者さん・ご家族とケアマネジャー、サービス事業所とチームとしてのつながりが意識できる機会が減ってきていることも感じています。そのような中で、どのようなことなら可能なのか、一つひとつの実践の中からヒントを見出していきたいと考えているところです。

今後も地域でのつながりを大切にしながら、地域課題の解決に向けて、共に取り組んでいきたいと思います。どうぞお気軽にご相談下さい。

居宅介護支援事業所 洛和ヴィラ天王山です

京都府の南西端の大山崎町にあります、居宅介護支援事業所洛和ヴィラ天王山です
当事業所は特別養護老人ホーム 洛和ヴィラ天王山に併設している居宅介護支援事業所です。


併設には短期入所生活介護(ショートステイ)、グループホーム、訪問看護があり、地域の皆さんを担当させていただいている中で、併設の事業所を利用されている方も多く、職員との連携を図りながら利用者さんの在宅生活を支援させていただいております。

また、地域に根ざした事業所を目指しており、町内には居宅介護支援事業所が4事業所しかないこともあり、月1回研修や合同事例検討会、さらには居宅・包括の管理者が集まっての地域会議などを行うことで、行政・包括・居宅の関係性がとても近い事業所です。

事業所のケアマネジャーが様々な学びの機会を多く持てる事業所ですので、ご支援させていただけることがありましたら、ぜひご相談下さい。
4人のケアマネジャーが在籍しており、和気藹々とした事業所です。

洛和会医療介護サービスセンター三条会店

今年も残すところ数日ばかり。
このようなご時世ですが、みなさんお元気にお過ごしでしょうか。洛和会医療介護サービスセンター三条会店です。
ブログ登場も今回で6回目となりました。今回も楽しみにしていただいている方がおられる?!と信じ、事業所近くの史跡紹介もシリーズ4回目突入です!

これまでいろいろな歴史をご紹介してきましたが、今回は洛中のど真ん中、『新撰組』に限ってみてみましょう。たくさんの史跡が残されています。なんといっても有名なのはちょうどここから真っ直ぐ南へ下がったあたり、壬生寺周辺。今でも当時の姿を残す八木家住宅は、『新撰組』を名乗る前、『壬生浪士組』と言われていたことから、近藤勇や芹沢鴨が拠点=屯所としていたところです。どうしてこの場所だったのか?いまでは信じられないようですが、当時壬生一帯は水の豊かな農業地帯で、日々の食事に困らなかったのでしょう。確かに『壬生菜』という京野菜もあるくらい。これも江戸時代にカブとミズナが混合して出来た品種だそうです。壬生菜といえば、今の季節、お漬物にして食べると美味しいですね。

話は変わりますが、私たちの事業所を紹介します。
三条会商店街の中にある朱雀地域包括支援センターの2階にあります。和気あいあいとした明るく笑いが絶えない職場です。また新型コロナウイルス感染症の予防策を徹底しながら日々業務に取り組み、きめ細やかな対応を心がけています。

ただ今当会では一緒に働いてくれるケアマネジャー、その他職種スタッフを絶賛(・・)募集中(・・・)です。ぜひご応募ください。お待ちしています。

それでは皆さん、良き新年をお迎えください。

ケアマネ勉強会

今回は、最近の法人内でのケアマネ勉強会のご紹介です

当会の居宅介護支援事業所は、京都・滋賀・東京で合計24事業所あります。
毎月勉強会を行うのですが、今回はそのうちの1つのエリアで、Zoomを活用したグループワークを行いました

Web会議は職員もまだまだ不慣れで手探りですが、機器を活用することで活動エリアの全く異なるケアマネジャーがリアルタイムにつながることができ、有意義な時間となりました
コロナ禍で集まることが難しくなり、活用せざるを得ないというところからのスタートでしたが、今は効率化にも一役買ってくれています。

新しいツールの活用は大変ですが、ますます必要となってくるので皆で学んでいきたいと思います

居宅介護支援事業所坂本の「子猫救出作戦」

今回は入職1年目の駆け出しケアマネジャーが居宅介護支援事業所坂本を紹介させていただきます(ブログ初チャレンジ!!)。

当事業所は比叡山の麓、JR比叡山坂本駅から琵琶湖に向かってまっすぐ進み、旧国道161号線を渡ったところにあります(駅から徒歩8分)。同じフロアに洛和会訪問看護ステーション坂本洛和ヘルパーステーション坂本があり、日夜奮闘しています。皆が互いに協力的で、温かく居心地の良い職場です。私もいつも皆に助けられています。洛和グループホーム坂本(認知症対応型共同生活介護)も併設されており、グループホームスタッフとも協力関係があります。

近くに日吉大社があり、毎年4月には山王祭という大規模なお祭りが挙行されます。(コロナ禍のため昨年より自粛されており寂しい限りです)

介護で気になることがあれば、お気軽にご相談ください。いつでもご来訪をお待ちしています。

最近、事業所で起きた事件(子猫救出作戦)です。
ある朝、どこからか、子猫の泣き声がやむことなく聞こえていました。助けを求められているようで、事業所内のみんなは心配していました。近隣住民の方々もひどく心配されており、事業所のみんなと近隣住民の方々とで一緒に声の主を探しました。
すると…なんと! 事業所の向かいの家の前の側溝の中にある10cmほどの排水管の中に子猫が閉じ込められているではありませんか!!

何とか救出しようと試みますが、子猫は怖がって出ようとしません。このまま放置すると、溺死や餓死の心配もあります。地域の方と「ああでもない」「こうでもない」と相談し、協力した結果、なんとか無事に救出することができました。

写真の通りとてもキュートな子猫ちゃん(生後1ヵ月半)で、ホストファミリーもすぐに決まりました(ちなみに命名「チャチャ」)。地域の方々と一丸となって小さな命を助け出すことができ、みんなの心に暖かいものが共有できた瞬間を味わうことができました。
めでたし、めでたし。

居宅介護支援事業所修学院

皆さんこんにちは
居宅介護支援事業所修学院です。

今年の夏も暑かったですが、雨も多かったですね
夏のある日の夕方、当事業所併設のデイセンター修学院スタッフが「びっくりしたー!」
と言う声が聞こえました。「何が??」と付いて行ったところ、なんと

こんなお客様がいるじゃないですか
雨も降っていないのに。道路から10数m離れた建物の駐車スペースの一番奥の、冬用タイヤの上に乗っかり、半分目を閉じて、えらの辺りをひくひくと動かし呼吸?しています。
どういうことでしょうどこからきたのでしょう
よくわからないまま観察していましたが、その日の夕方には壁の上の方に移動しており、翌日、いつの間にかどこかへ帰って行かれました

川らしい川もない場所ですが、大通りまでの間に田んぼがあるので、そこからやってきたのか。それ以降はお見かけしていません。残念です

夏の大雨のあと、白川通りは泥が多量に流れ出してコンビニの駐車場も泥だらけになっていました。近くのため池?スペースには鯉がいるのですが、ため池も水が溢れて大変だったのに、ちゃんと流されずに今もお住まいです
泥で水がにごっており写真では姿が見えないのですが、泳いだ尾びれでできた波紋だけ見て頂きます。体長40cmくらいはあるようなグレーの鯉です(大きいのです!)

夕暮れにはヒグラシが鳴いております。
山すそにある自然豊かな当事業所へぜひお越し下さい。

洛和会ヘルスケアシステム 介護事業部ではケアマネジャー、その他職種のスタッフを随時募集しております
こちらからエントリー可能ですので、興味をお持ちの方は是非ご応募下さい!
今後とも当事業所をよろしくお願いいたします